*

濃い情報は本から仕入れる!!

      2014/11/24

本日も応援よろしくお願いします!

 

 
 
 
 
今ならネットでいろんな情報が手に入りますよね。
 
キーボードをポンポンとたたくだけで、
 
新しい情報が簡単に手に入る世の中です。
 
 
 
 
一昔前までは情報というと、
 
代表的なものとして本が挙げられます。
 
でも、本は出来上がるまでに
 
数カ月から数年ほどかかるものまであります。
 
 
 
 
情報のスピードという観点でいうと、
 
圧倒的にネットの情報に負けてしまうのです。
 
 
 
 
ですが、「ネットにはないけれども、本にはあるモノ」
 
というのが少なからず存在していて、
 
それこそが今の情報化社会に必要だと僕は感じています。
 
 
 
 
まずは、匿名性という観点から考えてみます。
 
本はまずネット上の情報に比べると信頼性がありますよね。
 
 
 
 
ネットの情報というのは、
 
特にブログなどがコレに当たりますが、
 
情報に対する裏を取らずに書けてしまうし、
 
それをネット上に公開することまでが自由にできてしまいます。
 
 
 
 
しかもそれが、
 
素性の分からないような人の記事であることもあります。
 
ネット上の情報にはそれを受け取る側の
 
処理・活用能力に依存している部分もあり、
 
発信する側の責任というのはあまり問われることはありませんよね。
 
 
 
 
一方「本」だと、編集者が著者と会って、
 
打ち合わせなどを行いながら、仕上がっていきますので、
 
著者の素性が分からないということがあり得ないわけです。
 
 
 
 
また、責任の所在も著者と出版社にあるということが
 
ハッキリとしていますから、
 
適当で無責任なことはできないわけです。
 
 
 
 
著者に始まって、編集者、校正担当者など数名の人間が関わって、
 
情報を精査するなどして、必ず裏づけをハッキリと持った上で
 
出版されることになるのです。
 
 
 
 
ですから、本はどんなものでも、
 
だいたいはある一定のレベルを確保した状態で発行されます。
 
 
 
 
次に、情報量の差による信頼性という観点です。
 
 
 
 
ネットだとブログやメルマガで書かれる文章量は、
 
多くても1記事当たり4000~5000文字程度でしょうか。
 
ライトな感覚で読まれることの多いネットでは、
 
あまり文字が多くても逆に敬遠されてしまうと思います。
 
 
 
 
それに対して本は、1冊当たりでいうと、
 
400字詰めの原稿用紙が200枚以上にはなるので、
 
約8万文字以上の情報が詰まっているのです。
 
情報量は圧倒的に多く、いろんな視点から、
 
多角的に書かれていることもあって、
 
内容に対する信頼性が影響してきます。
 
 
 
 
また、視点を変えて、
 
読者の姿勢についても考えてみることにしましょう。
 
 
 
 
先ほども言いましたが、
 
ネットはライトな感覚で読まれます。
 
必要な情報だけを、必要な分だけ、
 
最低限の知識を仕入れようとポンポンってやるわけです。
 
 
 
 
ネットは使いこなせればいろんな情報を
 
ごく短時間で手に入れることが可能な反面、
 
いくらうまく使いこなせたところで
 
浅い思考に留まってしまうことが多いのです。
 
 
 
 
一方、本を読むとなると、思考が深くなる傾向があります。
 
本はある一定のレベルの論理性も持ち合わせていることが多く、
 
読者の「なぜ?」「どうして?」「本当に正しい?」
 
などの疑問に対する回答らしきモノをどこかに用意してあります。
 
 
 
 
なので、思考が深まりやすいんですよね。
 
本の読者は心の中で対話をしながら読み進めていくので、
 
物事に疑問を持つ習慣が身に付くというメリットもあるのです。
 
 
 
 
フッと浮かんだ疑問点を知恵袋などで聞いたり、
 
ツイッターなどでつぶやくことで、
 
誰かが教えてくれることでしょう。
 
そして、それはそのうち問題は解決していきます。
 
 
 
 
でも、それは自分が思考することで解決したのではなく、
 
誰かが解決してくれたモノです。
 
 
 
 
なので、今後問題にぶち当たったときに
 
自分で解決できなくなってしまいます。
 
 
 
 
見方を変えれば、
 
せっかくぶち当たることができた壁が壁になることなく、
 
自己解決する能力を養うことのできるチャンスを
 
みすみす逃してしまうことにもなるのです。
 
 
 
 

本日も応援よろしくお願いします!

 
 
 

 - マインドセット, 情報ビジネス

Comment

  1. ダノン より:
    はじめまして、ダノンと申します。 最近、めっきり本を手にすることがなくなりましたが、 こうやって、改めて本の良さを伝えられると、 本を読んでみようかな~~という気持ちになりました。 ありがとうございました。 感謝の代わりに、応援して帰ります!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自己解決能力を磨いておくことは必須です!
本日も応援よろしくお願いします!       これを読んでいただいてい …
成功するのに必要な環境づくり(2/2)
本日も応援よろしくお願いします!       会社に勤務し続けている同 …
何かを始めるときのモチベーション維持
本日も応援よろしくお願いします!        何かに取り組もうとする …
アフィリエイトで成功するための秘訣
本日も応援よろしくお願いします!       前回の記事では、 アフィ …
長期的視点での行動基準を正す(2/2)
本日も応援よろしくお願いします!       前回は ブランディングと …
サラリーマンをやりながらのネットビジネス
本日も応援よろしくお願いします!       現在僕は個人事業主として …
成功への優劣を分けるたった一つのこと
本日も応援よろしくお願いします!     「知行合一」という言葉をご存 …
「要約する力」と「伝える力」を訓練することの重要性
本日も応援よろしくお願いします!      読書などをするといろんな知識が手に入 …
良い文章ってどうやって書くの?
本日も応援よろしくお願いします!      あなたは普段文章を書く機会があります …
時間がないことを嘆くのはナンセンス
本日も応援よろしくお願いします!       みな与えられた時間は同じ …